古い着物はゴミとして捨てればいいの?
祖母や母から着物を貰ったり、実家から見つかった古い着物、帯、和装小物など、自分の好みに合わなく着物を着るつもりもないし、古くてシミ、シワ、カビがある着物でも、形見だったり貰ったりすれば思い出があります。
思い出のある着物を思い切って処分するとしても、ゴミ袋に入れて可燃ごみとして捨てるのってちょっとどうなの?って思う方もいると思います。

ゴミに出して捨ててしまう以外にも、古い着物でも買い取ってもらえる場合や、思い出として残したいけどそのままでは邪魔な場合には、ワンピース、スカート、バックなどの小物にリメイクすることもできますので、大切な着物をどうするか選ぶ情報としてみてください。

古い着物の処分方法をまとめています。

古くて着ない着物の処分と言っても、思い入れがある物ですので、簡単に処分することは難しいと思いますが、いつまでもタンスの肥やしにしていたり、押し入れの一部をずっと占領させていては、いつも頭の片隅に着物問題が残ってしまいます。
祖母や母の形見なら思い出が残っていますので簡単に処分できません。残す方法も含めて、いろいろな方法をまとめてみました。

子供や親族に渡す

母や祖母が着ていた着物ですから、残したい方は子供や親戚など身内の方に着てもらうのがいいですね。

友達や知り合いにあげる

身内に着物を貰ってくれる方がいない場合、着物に興味がある友達や知り合いにあげるのもいいですね。
着物は簡単に洗えませんので、専門業者でクリーニングする料金は高いので相手に持ってもらいましょう。

リメイクして服やバックにする

やっぱり手元に置いておきたい方に、着物のままの形ではなく、違う形に生まれ変わらせて使う。
インターネットで調べると、着物のリメイクをされている方がブログなどにアップされています。ご自身でスカートにしたりして着られている方もいますね。

リサイクルとして引き取ってもらう

リサイクルショップに売ったり、無料で引き取ってくれるリサイクル業者に引き取ってもらう。

ゴミとして捨てる

誰も引き取り手のない着物は、仕方がないですがゴミとして可燃ごみに。

メルカリやヤフオクなど個人で売る

着物や帯の数が少なければ、メルカリ・ヤフオク・ジモティーなど個人で売る事もできます。
売るものの数が多い場合、かなり手間がかかるので、少量なら個人で売買するのもいいですね。

買取業者に買い取ってもらう

買取業者にすべての着物、帯、和装小物を買い取ってもらう。
大量に着物や小物があったり、古かったり、シミや虫食いがある着物の場合、まとめて無料査定してもらうのがいいですね。

>>>着物の出張買取ならバイセル

着物の処分にはいろいろな方法があります。
思い出が強い着物を処分するのは、そう簡単にはできないと思います。
しかし、そのまま保管しておいてもシミや虫食いにならないよう手間をかける必要があります。
あなたに合った方法で着物問題を解決させてください!